施工管理技士の資格とその転職

施工管理者の転職では、インターネット上で公開されている転職サイト、ハローワーク、新聞や雑誌、地域誌などの求人広告で探すと言う方法があります

転職の達人(施工管理編)

施工管理技士の資格とその転職

施工管理者という職種をご存知でしょうか?

施工管理者と言ってもどんな施工に携わるか、その仕事内容や必要な資格は変わってきます。

施工管理の資格とは国家試験であり、高卒であること、そして実務経験が必要になります。

施工管理の資格には、建設機械施工技士、土木施工管理技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士、造園施工管理技士があり、それぞれ一級、二級の資格があります。

それぞれの資格は主任技術者や専任技術者として工事現場に従事することができますが、監理技術者として任務するために工事の種類に限りがあります。

この業界で転職する場合、これらの資格を持っている方が断然有利なので、できるだけ資格取得を考えた就職をし、実務経験もしっかり積む様にしましょう。

施工管理者として転職を考える場合、どの様に求人を探せば良いでしょうか?

まず、インターネット上の転職サイト、ハローワーク、新聞や雑誌、地域誌などの求人広告で探すなどの方法があります。

転職の場合、できるだけ仕事のない期間を空けない様にするには、24時間いつでも空いている時間を使って探せるネット上の転職サイトを利用するのが効率的でしょう。

専門的に求人を取り扱っているサイトもあり、登録をしておくことで非公開情報などより多くの求人から探すことができるので、より良い転職を見つけやすくなります。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加